歴史探索

お盆休みに群馬へ

天気も悪いからこんな日は空いていると思い世界遺産へ

はじめはあまり関心がなかったのですが、

歩きながら説明を聞けるとのことで 耳に受信機を取り付け

案内をしてもらいました、なかなかおもしろい ためになった

皆さんも行かれた時には利用された方が良いと思います

ちなみに料金は一人500でした。

IMG_0060NHK大河ドラマ真田丸

きっとそろそろ出てきそうなお城です

愛知県にある清洲城です、織田信長が10ほど居城したお城です

そして信長の死後今後を決める清洲会議が行われた場所です

現在の天守は、本来あった本丸に近い場所に建てられた模擬天守です

本来の天守は跡地として、その他駐車場やお土産屋さんになっています。

アドバイスとして、駐車場を利用するにあたって少しわかりにくく思います

来られる方向によっては入りにくいようです、ナビはお城ではなく駐車場で検索

これぞ国宝、素晴らしいお城でした

伊勢の帰りにちょっと寄り道、天下普請で建てられたお城

さすが徳川四天王の一人井伊直政で始まり、第15代藩主の井伊直弼

有名どころ 井伊氏の居城  次はもっとゆっくりと….

 

2014-02-11 15.18.01

2014-02-11 15.46.02

今年も恒例の伊勢参りに行ってまいりました

平成25年の第62回目の式年遷宮が行われてから初めて訪れました

全てが新しくなり、また一層おごそかな感じが….まず去年のお礼を

お参りに行ったのは2月9日(日曜日)の夜に出発、前の土曜日までは

関東などで大雪になっていて、あちらこちらで通行止め

大丈夫かなと話しながら高速を—私たちが進む道には雪など無い

きっと今年もよい年になるにきまっている 神様が導いて。

 

2014-02-10 07.57.51

 

P1030371

出雲に行く前にちょっと 重文 松江城に寄ってみた

松江のシンボルと言った感じで とても素晴らしいお城でした

天守閣から見た街並みや宍道湖の眺めは心をいやされる感じが..

国宝にしてもと思うくらいです

去年 結婚25年目と言うことで以前から行ってみたかった

出雲大社へ参拝に出かけてきました

子供たちがお金を出し合い温泉旅館を予約してくれ

少し遠かったですが車で片道1000キロの道のりを、いざ島根へ

2013年は出雲大社と伊勢神宮がそろって遷宮を迎える記念すべき年

身も心もリフレッシュし、新たな活力が生まれた感じが…

年ごとに式年遷宮を繰り返す伊勢神宮とちがい、

出雲大社の遷宮は随破遷宮といって損傷が進んだ時に行うため、

だいたい60年に一度というきわめて流動的なものだそうです

今回を逃せばもう二度と見られないかもしれない、

私たちにとっては一生に一度だけの特別な機会でした。

2月には伊勢参りに…

2013-10-13 09.58.33

お伊勢参りの後に 国宝犬山城まで足をのばして

通称:白帝城 少しこぶりと言った印象

しかし天守に登り見渡す景色は絶景 ちょっと感動

来年は彦根城 これで国宝制覇

次は重文 8城に

20130203_09480020130203_09541720130203_095632

毎年恒例にしている伊勢参りに行ってきました、一泊二日の強行日程で

金曜に23時に出発 伊勢に到着するのが朝の7時ゴロに…

20130202_10094720130202_08555820130202_084754今回は正規のルートで参拝することが出来ました、

外宮の豊受大御神-多賀宮

内宮の天照大御神-荒祭宮

と、去年のお礼と今年のお願いをしてきました

これで今年も頑張れる そんな気になりました

先日新潟歴史博物館に行ってきました 初めてこんな場所があるとは..

なかなか見応えがあり もう少し時間を取りたかった思うくらいです

今日は日曜日 ちょっと時間が遅かったのか館内には数人の人しかおらず

新潟市に守られている感じが、  そしてアクセスですが大変に悪い

地元の人は車を利用できますが観光に訪れた方は1時間に1本位にバスが来ます

こんなんじゃ 誰も来ません もったいない

素晴らしい展示物があります 3Dで紹介する物もあります

ミニシアターまであって もお少し何とか出来ないのでしょうか

皆さんもよく知っている大原三千院です、京都の中心部からは少し離れたところにあり

車でしか行けない でも一度は行って観たい 京都大原三千院と歌にもあるように

右手に勢至菩薩、左手に観音菩薩が坐る来迎の阿弥陀三尊像です。脇侍(きょうじ)の両観音

は膝を少し開き、上半身を前屈みにしています。大和坐りと言われる珍しいものです。

平安時代後期を代表する三尊像

P1010846
物凄く近くで拝見することが出来ます 国宝ですよ ありがたいですよね

庭にはこんなお地蔵さん達があちらこちらに 癒されます

最近のコメント
2018年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー